●プロフィール&受賞歴

バルーンパフォーマー桜音 SAKURAN

「アトリエ桜音(さくらん)主宰 片田恭子」

 

●1996年 『アップビートバルーン』入社

●日本バルーンコンテスト

◎受賞歴◎

☆2009年 JBANコンベンション2009

 JBAN13th バルーンボックス部門 準優勝

☆2008年 JBANコンベンション2008

 JBAN12th フィッシュアート部門 準優勝

☆2003年 JBANコンベンション2003

 JBAN 7th アレンジメント部門 優勝

☆2000年 JBANコンベンション2000

 JBAN 4th ラージスカルプチャー部門 準優勝

☆2000年 JBANコンベンション2000

 JBAN 4th アレンジメント部門 準優勝

 

●2010年9月 『アップビートバルーン』退社

 

●2010年10月 『アトリエ桜音』設立

 日本デコアーティスト協会認定 日本デコアーティスト 2級

 
◎アトリエ桜音の名前の由来♪

」は、1本でもたくさんの人を魅了する桜の木にもなれます。

その一方で、桜の木々が集まることにより「桜並木」として、また人々を魅了しています。

 

 『一人でも輝く人に♪ また、仲間と協力することで共に更に輝ける人に♪』

 

そして、桜の木は毎年ずっと春になると必ず咲き誇ります!!

苗木を植えて、桜の花を咲かすまでには何年も時間がかかりますが、毎年成長し続けて

その花を年輪を重ねるごとに見事に咲き誇っていきます。

 

 『桜の木の成長のように、花を咲かせない季節も耐え忍び前向きに頑張る!!そして、

  花を咲かせても、そこで満足するのではなく常に更なる成長とステップアップを求めて

  そして、自分の無限の可能性を信じて邁進していきたい♪』

 

また、桜が咲くとみんな桜の木の下でお花見をして仲間と集ったり、家族と自然を楽しみながら

癒される大切な時間を共有しています。

 

 『桜の木の下の和やかな心地よい時間を提供出来るような、癒しを提供したい♪』

 

そして、「音」には、いろいろな音がありますねっ♪

ピアノやサックスのような楽器の音色、ぱたぱたと歩く足音や電車の音や子どもの泣き声。。。。

何気なく話す言葉にも言葉の音の響きがあると思いませんか?

この様にいろいろな音がありますが、

 

 『自分がわくわくする音や心に響く音を選んでいきたい♪

  また、私に関わる皆様にとって心地よい音を響かせる♪そんな、自分でありたい。』

 

そういった想いを込めて

 『桜音』と名付けました。

 

また、『桜音』と書いて、『さくらん』と読みますが、

わくわくするそんな春の暖かい日差しの中を「るんるん♪らんらん♪」心躍る音を

表しています。

 

◎アトリエ桜音になるまで。。。

●バルーン専門店『アップビートバルーン』入社

 きっかけは、1996年に放送されたドラマです。

「ひと夏のプロポーズ」というドラマの中でバルーンという仕事が存在するのだ!?と

初めて知り、衝撃を受けたのと同時に「自分の天職はこれだ!!」と直感しました。

まだ、社会人になりたての私でしたが職のあてもないのに、辞職していました。(笑)

タウンページを片手に『バルーン』と名のつく会社をかたっぱしから探して、実際に見てまわり、『ここ!!このお店!!』と感じたバルーンのお店に「働きたい!!」と飛び込んでいました。

雇う枠がなかったのを、「なんでもいいから、バルーンの中で働きたい!!」という熱意が伝わり、働けるようになったものの。。。はじめのころはひたすら掃除の日々でした。それでも、バルーンをやりたい!!その思いだけは、負けない!!と。

そのおかげ!?で、ウエディング・イベントの現場・店長・お教室の講師・バルーンの製作や撮影などいろいろなバルーンの仕事に携わることが出来ました。

本当にやりがいのある楽しい仕事でした。

 

また、コンテストへの出場などたくさんの出逢いと学びの場も与えてくれました。

結婚・出産などの休止期間も含め、約14年間お世話になりました。

 

日本最大級のバルーン専門店『アップビートバルーン』での経験は、今後の私の人生に

大きな影響を及ぼす大切な時間となりました。

 

『アップビートバルーン』社長&専務、スタッフの皆様に感謝します♪

 

 

受賞歴


JBAN13th バルーンボックス部門 準優勝

JBAN13th バルーンボックス 準優勝
JBAN13th バルーンボックス 準優勝

 

 

日本で毎年開催されているバルーンのコンテスト

近年、アジアからの参加者も続出している大会

  『JBANコンベンション 2009』

そのコンテストの「バルーンボックス部門」にて

準優勝を飾った。

 

コンテストのテーマは、『お菓子な国』

作品名は、『おかしな!?しあわせ』

 

お菓子の国のプリンスとプリンセスのお菓子のお城での

結婚式を、祝福する街のみんなをイメージして作りました。

 

コンテストの作品や受賞Partyの様子は、

JBAN13th バルーンボックス 準優勝』を見てねっ♪


JABN12th フィッシュアート部門 準優勝

JBAN12ht フィッシュアート準優勝
JBAN12ht フィッシュアート準優勝

 

JBANが毎年開催している、日本一大きなバルーンイベント  

  『JBANコンベンション 2008』が横浜で開催されました。

そのコンテストの「フィッシュアート部門」にて、

準優勝を飾った。

 

テーマは、

カラーセラピーフィッシュ!?

「赤」を見てパワー全開!!

「緑」を見て癒され。。。など

その時々で、自分が求めているカラーは違っている。

だったら↑↑↑

どんな時でも、今の自分が必要なカラーを取り入れれる

万能な癒しの「フッシュ」を作ろうではないかっ!!

とカラーセラピー的な要素を盛り込んでみました♪

 

コンテストの作品や受賞Partyの様子は、

JBAN12th フィッシュアート準優勝』を見てね♪

 

 


JBAN7th アレンジメント優勝

JBAN7th アレンジメント優勝
JBAN7th アレンジメント優勝

 

JBANが毎年開催している、日本一大きなバルーンイベント  

  『JBANコンベンション 2003』

そのコンテストの「アレンジメント部門」にて、

優勝を飾った。

 

作品テーマは、『無人島のひと夏』

海の波のうねりや無人島にさく花や雲など、

いろいろな技法で作ったバルーン

フィルムやビーズ、アクリル絵の具、ゼリー状素材など

いろいろな素材とのコラボで表現しました。

 

コンテストの作品やPartyの様子は、

JBAN7th アレンジメント優勝』を見てねっ♪ 


JBAN4th ラージスカルプチャー準優勝

JBAN4th ラージスカルプチャー準優勝
JBAN4th ラージスカルプチャー準優勝

 

JBANが毎年開催している、日本一大きなバルーンイベント  

  『JBANコンベンション 2000』

そのコンテストの「ラージスカルプチャー部門」

初出場にて準優勝を飾った。

 

13時間で4m四方の作品を製作しました。

作品名は、『ホワイトクリスマス』

ホワイト&ライトブルーのグラデーションにて

雪の透明感や清らかさを表現しました。

 

JBAN4th ラージスカルプチャー優勝』を

見てねっ♪


JBAN4th アレンジメント準優勝

JBAN4th アレンジメント準優勝
JBAN4th アレンジメント準優勝

 

 

JBANが毎年開催している、日本一大きなバルーンイベント  

  『JBANコンベンション 2000』

そのコンテストの「アレンジメント部門」

初出場にて準優勝を飾った。

 

作品テーマは、『ジャングル』

色鮮やかな花々と生茂ったジャングルの木を

イメージしました。

 

JBAN4th アレンジメント準優勝』を見てねっ♪